スポンサードリンク

締め切り間近!クラウドファンディングで1100万円の資金を集めたJOEYのリュックバックが凄いらしい・・・

今やハイデザインや多機能は当たり前となったバックパック。

でも、「デザインは気に入っているし、便利なんだけど、長時間背負っているとなんだか肩が辛くなってくる…」と感じていませんか?

実は普通のリュックは身体の負荷について一切考えられておらず、荷物を詰めるほど腰や肩に負担がかかるようになっています。

しかし腰にぴったりとフィットし、体にかかる力の圧力を分散するように設計されているという優れモノのリュックが、日本に初上陸しました。


クラウドファンディング「Makuake」に登場してわずか4時間で目標金額を達成した話題の「JOEY」。

一度背負ったら手放せないと評判のもので、人間工学に基づいてデザイン設計されたリュックバックです。

(※1)人間工学(にんげんこうがく)とは、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問のこと

1.負荷を分散するデザイン

OEYは、荷物を詰めるほどに腰にぴったりとフィットします。

体にかかる力の圧力を分散するバックサスペンションシステムを搭載しているため、長時間背負っても疲れにくいことが特徴。

さらにショルダーと本体がストラップで連結されているので、荷物の重さなどに応じてストラップの長さを調整すれば、肩にかかる負担をさらに軽減することができます。

さらに特筆すべきは腰にぴったりとフィットするピップパッド。

歩行や走行時の体重を吸収し、荷物を入れれば入れるほど、このヒップパッドに重心がかかるように設計されています。

そのため、重たいものを背負っても腰から力を分散して逃がして身体にフィット。

2.汗対策

この時期、特に気になる背中の汗。

しかしこのバッグは腰から空気が循環し、常に快適な背もたれを保つことができます。

背中に汗をかきにくい構造ですので、リュックで不快な思いをしたことがある人におすすめ。

バツグンのフィット感に加えて、長時間続く快適さも人気のポイントです。

他にも色んな機能が隠されているので、是非こちらの動画をご覧ください。

重量:1.5 kg

容量:25~40リットル

耐荷重:最大15kg

寸法:51cm(高さ)x 33cm(幅) x 20cm(奥)

色:黒

Makuake「JOEY」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする