スポンサードリンク

LINEで『必ず』返信をもらうには?恋愛で使えるテクニック

どうでもいい相手には適当なLINEを送ればいいのですが

気になる人には、ちょっとでも長く

LINEを続けたいですよね。

既読スルーされないためには

どんなLINEがいいのでしょうか?

まとめてみました。

スポンサーリンク

仕事の話

多くの男性は、女性から頼られると

「自分は頼りになる存在だ」

という認識を持ちやすく

喜ぶ傾向があるようです。

ただし、相談していいのは

あくまで仕事や趣味に関するもののみ。

人間関係、特に恋愛関係の相談は

避けたほうがいいでしょう。

特に他の男性との事を相談されても

他人の話をペラペラと第三者に喋る人物だ、

不誠実な人物だと映りかねません。

中には頼られることを

「面倒くさい」と感じる男性もいますので

相手の反応をみながら

返信をしましょう!

趣味の話

恋愛が中心になりやすい女性と比べ、

男性の優先順位は、

仕事・勉強>友人・趣味>彼女と言われています。

つまり仕事の次に、

会話を長続きさせたいならば

『趣味の話』が一番無難なのです。

趣味に関する話でスルーされるコトは

あまりないでしょう。

相手の趣味を否定するような内容は

当然ながらNGですが、

興味を持って聞く分には

多少ぶしつけな質問でも大丈夫。

釣り好きな相手なら「何釣るの?」だったり

飲み歩きが好きな相手なら

「最近はどのあたりで飲んでいるの?」

「オススメのお店はある?」などなど。

FacebookなどのSNSで

事前に情報収集しておいても

いいかもしれませんね♪

繰り返しになりますが、

相手の趣味をけなすような言動や

自分の考えを押し付けるのはNG!

自分が可愛いと思い、お気に入りに加えたアクセサリーを

「趣味が悪い」「キモい」

「こっちのほうが絶対いいよ」

なんて、好きでもない男性に言われたら

あなたはどう感じるでしょうか?

気になる男性に「無視されたらどうしよう…」

と思っている状態のあなたは

まだスタート地点にも立てていないのです。

決して不躾な態度は取らないよう

気をつけるようにしましょう。

二択の質問

例えば「どんなお菓子が好き?」と聞かれるより

「きのこの山とたけのこの里、どっちが好き?」

と聞かれた方が、

答えやすくありませんか?

あまり興味がないものでも、

選択肢を与えられるだけで

返事をしやすくなります。

そこで、気になる相手には

「土日の過ごし方は外出してる?家にいる?」

「今やってる映画、AとBったらどっちが面白そう?」

など、答えやすい二択で

相手の嗜好を詮索してみましょう。

うまく話が合えば、

デートにいける流れになるかもしれませんね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする