スポンサードリンク

LINEグループで”超”ドン引きされる書き込みとは?

職場の仲間、友達やサークル仲間など

どこかのLINEグループに入っている女性も

多いのではないでしょうか?

LINEグループは、グループ全体で

メッセージが共有できるので、

連絡事項を送りたいときなどに便利ですよね。

しかし便利な一方で

「送り方」には気を付けないと

ドン引きされる結果に…。

場合によっては「サークルクラッシャー」ならぬ

グループクラッシャー」になりかねません。

そこで今回は、グループLINEで

ドン引きされがちなトークをご紹介します。

スポンサーリンク

■自分のTwitterに書け!

「変な虫が出た!」「空が綺麗✨」

さらに人によっては何行にも渡る長文など、

自分のTwitterや日記にでも書けばいいじゃん!

という内容は、グループLINEでは

送るべきではありません。

人は「自分を知ってほしい」

「反応が欲しい」という生き物。

特にSNSでは

「他者に認識され、肯定されたい」という欲求が

強くなる傾向があります。

SNSは自己承認欲や自己肯定感を高めるための

ツールの一つなのです。

しかし「グループのためのLINEグループ」で

自分が目立つようなことをするのは大間違い。

見ている側からすると、

自分のことばかり書き込む人には

「何だコイツ?」となりがちです。

基本的にグループLINEは、

グループに関わるやり取りが多くなりますよね。

そんな中で、自分のことを書いても

構ってちゃんとしか思われません。

雰囲気を盛り上げたり、仕切る人の存在は大切ですが

「自分!自分!自分!」な書き込みは

避けるようにしましょう。

■恋愛を匂わせるような…

男女が交じるLINEグループでありがちなのが

恋愛を匂わせるような内容。

例えば男女同士で

「じゃああっちで会話しよう」

と、個別に会話していることを匂わせたり

二人きりで会う約束をつけていたり…

色恋沙汰で、ライバルを牽制するために

「わざと」こんな書き込みをすることもあるかもしれませんね。

特に一人の異性を複数で追いかける場合は

牽制の意が強くなるかもしれません。

しかしそんな色恋沙汰に関係がない人、

興味がない人にとっては

雰囲気を悪くする書き込みでしかありません。

恋人同士だということを公言していれば

また心象は異なるかもしれませんが

男女でグループを作る時は

メンバーに少し注意しましょう。

■個人同士で盛り上がっている

グループLINEで気をつけたいのは

「このメッセはみんなが見れる」という事。

特定の人にしか通じない話なら、

個別に、もしくはそれ専用のグループを作って

メッセをすればいいのに!となってしまいますよね。

みんなが共有できる話題こそが、

グループで潤滑に過ごすコツ。

そこはどんなグループなのか、

そんな集まりなのかを考慮して

メッセージを送るようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ついついやってしまいがちなものや

今までやらかしてしまった失敗もあるのではないでしょうか。

グループLINEの基本は

グループ全員の事を考える」。

グループLINEでメッセを送る時は

以上のことに注意して

メッセージを送るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする